夫or妻の浮気調査

浮気or不倫の証拠

離婚を決意する時期は何時のことですか?夫もしくは妻が浮気や不倫をしている証拠を見付けたときでしょうか?
探偵へ浮気・不倫調査を依頼し証拠を見せられた時点では離婚をその場で決意する人は少ないのではないでしょうか。確実な証拠があったとしても、まずは本人との話し合いなどがあって、最終的に離婚をするかどうかの判断をする人が多いようです。
一部の人は夫もしくは妻の浮気・不倫の証拠を見せられた瞬間に感情的な行動に出ることもありますが、それは浮気をした本人がその現場にいた場合です。この場合には本人が近くにいることが特殊な状況ともいえます。

 

とにかく、浮気調査をしてもらった時点で依頼人にとってはある程度の覚悟をして調査依頼をしています。
そのため、離婚を前提とした行動を早い段階から準備する人も少なくはありません。
浮気調査で事実確認するのは離婚のための証拠理由を用意するためという一面もあるのです。

 

浮気調査で手に入る証拠とは、浮気相手と調査対象者が一緒にホテルから出てくる写真や映像などが一般的で、他にも離婚をする時に裁判になった場合を想定した、離婚裁判でも十分な証拠能力があると認められるものを揃える必要があります。
証拠能力が高いものは、写真や映像などですが、携帯電話などに納められている浮気相手と調査対象者の2ショット写真などは証拠能力に欠けると判断される場合があります。理由としては、もしも貴方が人気俳優と偶然出会って、その場で2ショット写真を撮影したら、それが浮気の証拠になりますか?といった具合です。

 

離婚は何も理由がない状態でいきなり離婚を突きつけたとしても、相手が承諾しない限りは離婚を成立させることが出来ません。よく聞く話が離婚がしたいが、相手が離婚を認めてくれなくて別居生活を始めると、彼氏彼女が出来て、そのことが相手に離婚での慰謝料の支払いを拒否する理由になったりもします。
極端な例ではありますが、こんなこともあるということで頭の中に入れておいてください。

 

これらの理由から計画性のある離婚を準備するためには浮気調査などの前準備が必要となり、離婚のために取る手段としてもっとも一般的だということです。